{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Germfask - Camp No​.​135 (CD)

1,210円

送料についてはこちら

DFJ(Vo)とGeeheeb(Music)からなるミシガン産インダストリアルデスメタルGermfaskが2020年にデジタルリリースしていた唯一作。 当店入荷分はその翌年カザフスタンのRed truth productionからリリースされたのCDヴァージョンとなります。バンド名は第二次世界大戦後期にあった強制収容所、アルバムタイトルは奴隷労働を強いたキャンプ…という重苦しいコンセプトを地で行く救いようのない暗黒サウンドがとぐろを巻く。 リフはオーセンティックで普通にカッコいいですが特徴的なのはこのドラムマシンぽさをインダストリアルなイキフンに変えてゴリンゴリンにブッ潰すスタイルで、加えて速いパートと同じくらいドゥ―ミーな要素も魅力的です。 ちなみにGeeheebはCloud Ratを始めとするミシガンバンドのリリースにエンジニアとして多数クレジットされているようで、耳にまとわりつくノイズの混ぜ方もエクセレント。 新旧スタイル問わずデスメタルリスナーにはマストの一作。加えてブラックゲイズ周辺好きな方にも刺さりそうです。 【Germfask on bandcamp】 https://germfask.bandcamp.com/releases

セール中のアイテム